2010年10月23日

2010年9月まとめ

9月の読書メーター
読んだ本の数:23冊

STEINS;GATE 亡環のリベリオン(1) (ブレイドコミックス)STEINS;GATE 亡環のリベリオン(1) (ブレイドコミックス)
鈴羽が主役のスピンオフ。シュタゲのコミカライズは原作のあの濃度を無理やり落としこむより、こういうオリジナルのほうがいいと思う。とはいえこれもあくまでも原作プレイ済みの人向けの内容。プレイ済みなら面白くないわけがないと思うので必読。あとダルがシブい……だと……!?
読了日:09月01日 著者:水田ケンジ
俺は生ガンダム (角川コミックス・エース 295-1)俺は生ガンダム (角川コミックス・エース 295-1)
ガンダム似のサラリーマンが生ガンダムになって戦う(おもに社内で)話。原作のストーリーに忠実なパロディをやるためにかなり無茶してる感じ。ただ、MSっぽい人間のデザインは必見。これは羽生生純しかできないと思う。ラストは狂いすぎてて賛否分かれそうだけど、羽生生マンガのファンなら日常茶飯事なので問題ないかと。
読了日:09月02日 著者:羽生生 純
こんどる 1 (ヤングチャンピオンコミックス)こんどる 1 (ヤングチャンピオンコミックス)
アイドル漫画かと思ったらセクハラ漫画だった。おもに店長および客のセクハラで、たまにモギャっぽいネタがあったりなどもするギャグ漫画。一歩間違えると同じチャンピオンでもいちご行きになりそう。
読了日:09月05日 著者:風上 旬
月華美刃 1 (ジャンプコミックス)月華美刃 1 (ジャンプコミックス)
「TISTA」が暗く地味な話だったのでその反省なのかどうかは不明だけど、快活な娘が主人公のSF活劇。アクションと感情表現などのクオリティは安心の域。黒い設定や緊張感のある展開なども相まって、これは期待できる作品。とうとう遠藤達哉ブレイクなるか。
読了日:09月05日 著者:遠藤 達哉
範馬刃牙 25 (少年チャンピオン・コミックス)範馬刃牙 25 (少年チャンピオン・コミックス)
そろそろ親子喧嘩が始まるのかと思ったら字面通りの親子喧嘩だった。しかもカマキリ式。あとじっちゃんルートでなんか話がもう一本立った。どうなるのさ
読了日:09月09日 著者:板垣 恵介
マコちゃんのリップクリーム(5) (シリウスコミックス)マコちゃんのリップクリーム(5) (シリウスコミックス)
父とザイアーが順番にダメな話(+カップル)。いつものことだけど。5巻までくると「ものにした」感すら漂ってくるけど、油断できないのがなみえ流。あとカバーの文字は全部読むといいよ。
読了日:09月10日 著者:尾玉 なみえ
彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)
読了日:09月11日 著者:玉置 勉強
千九人童子ノ件 (ビームコミックス)千九人童子ノ件 (ビームコミックス)
羽生生漫画はオチが素晴らしいと思うのだけど、この話は終盤の加速と狂いっぷりがものすごかった。「そうくるか」の連続で最終的には「うわぁ……」っつって終わり、みたいな感じ。この読後感は貴重。
読了日:09月14日 著者:羽生 生純
瑪瑙之竜 1巻 (ビームコミックス)瑪瑙之竜 1巻 (ビームコミックス)
謎の多国籍捕者集団「瑪瑙の竜」が暗躍するお話。1巻はまだ各キャラの人となりとか能力を見せているだけで、最後に話の広がりを匂わせて終わりという感じなので、面白くなるのはこれからだと思われる。安定して面白いのだけど、まだ突出した部分は見えないかも。
読了日:09月15日 著者:長澤 真
兎の角 1巻 (ビームコミックス)兎の角 1巻 (ビームコミックス)
女子高に起こるオカルトな事件を解決すべく、転校してきた小さい子(祈祷師)が大きい娘を助ける話。絵はキレイで見やすいし、適度にギャグシーンが挟まっていてテンポよく読めた。しかしオビでの半ネタバレは要らなかったんじゃないかと思う。
読了日:09月16日 著者:睦月 のぞみ
×××のゴアちゃん (メガストアコミックスシリーズ No. 279)×××のゴアちゃん (メガストアコミックスシリーズ No. 279)
ホントに出た――ドグラバードグラバー! 「みんなはどう?ZOMBIE」から7年だそうです。内容は1P漫画に短編に日記漫画にイラストにと、各誌でやって(は消えて)いた連載を凝縮した感じ。読むのに異様なパワーがいるのでイラストが挟んであるのはいいのかもしれない。
読了日:09月17日 著者:Gヒコロウ
ハチワンダイバー 16 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 16 (ヤングジャンプコミックス)
大きな展開があるので2巻同時。この疾走感(※将棋漫画)だと2巻通しでも一瞬で読める。
読了日:09月19日 著者:柴田 ヨクサル
ハチワンダイバー 17 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 17 (ヤングジャンプコミックス)
ゲストっぽい人が参戦したと思ったら本人(かどうかはわからないけど)だった李さん。最後のめり込み合戦はオイオイと思わせつつも見せ場。
読了日:09月19日 著者:柴田 ヨクサル
バニラスパイダー(2) (少年マガジンコミックス)バニラスパイダー(2) (少年マガジンコミックス)
とんでもないことが起こってるのにどこかボンヤリとしてた前巻に比べると、かなりのガチSFホラー。この雰囲気はこの漫画でしか味わえない。花織のターンが続いてると思ったら元ヒロインはなんかあらぬ方向に向かってるし。ナクアとちんもみの関係とか、気になる要素を死ぬほど残しつつ次巻へ。
読了日:09月19日 著者:阿部 洋一
惡の華(2) (少年マガジンコミックス)惡の華(2) (少年マガジンコミックス)
これまでどこか空転してた仲村さんのアプローチだけど、ここにきてとんでもねー形で結実。春日くんは表紙で変態じゃないと言ってるけど変態だ―――!これ。次回からどうするんだろう。
読了日:09月20日 著者:押見 修造
LIAR GAME 13 (ヤングジャンプコミックス)LIAR GAME 13 (ヤングジャンプコミックス)
長かったイス取り編も終了。相変わらず数字と逆転のラッシュなので、途中からは脳が考えるのを拒否してしまった。終わったあとはスッキリしたというより疲れた。バカマンも佳境でこっちも非常に気になるところ。
読了日:09月21日 著者:甲斐谷 忍
霊能力者小田霧響子の嘘 4 (ヤングジャンプコミックス)霊能力者小田霧響子の嘘 4 (ヤングジャンプコミックス)
ちょっと展開的にも謎的にもこぢんまりした感はあるけど、ライアーゲームほど小難しく考えずに短編ストーリーがサクサク読めるのでこれはこれで。ドラマはまあ、観ないので。
読了日:09月22日 著者:甲斐谷 忍
サユリ 1 (バーズコミックス)サユリ 1 (バーズコミックス)
「ミスミソウ」より救いがなく、「呪怨」より理不尽。ただただ残酷に壊れていくさまを描写した1巻。「最低最悪な気持ちで1巻を読み終えていただければ……」とは作者の弁だけど、まさにそう。2巻で完結らしいけど、バッドエンドの気配しかしない状態で春まで待てというこの仕打ち。
読了日:09月24日 著者:押切 蓮介
コープスパーティー BloodCovered(4) (ガンガンコミックスJOKER)コープスパーティー BloodCovered(4) (ガンガンコミックスJOKER)
主人公が出てきたと思ったら由香が主人公だった。霊的な怖さは前巻より控えめだけど、代わりに狂人祭りなので結局手に負えなかった。
読了日:09月24日 著者:祁答院 慎
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
どうやって話にバリエーションを持たせるのかと思って読んでたけど、相変わらず面白いし、文化だけでなく歴史的な仕掛けもしてきてむしろ良くなってる。1巻よりも露骨なギャグ描写が増えたけど、ずっとトボけた感じでやるのも限度あると思うし、ますます良作になっているのではないかと。
読了日:09月26日 著者:ヤマザキマリ
イビツ(2)(完) (ヤングガンガンコミックス)イビツ(2)(完) (ヤングガンガンコミックス)
相変わらずの理不尽ホラー。途中で軽く意表をつく展開などもあり、最後まで勢いが落ちずに読めた。となりのおばさんがいちばんかわいそうだよ。
読了日:09月28日 著者:了 春刀
ACONY(3) <完> (アフタヌーンKC)ACONY(3) <完> (アフタヌーンKC)
最近の冬目作品は終わってくれるのでいい。といっても終わったような終わってないようなラストだし、また描くかも的なあとがきもあるけど。謎めいてた前巻からのヒキはそこそこに、いつものドタバタに戻った巻だけど、こっちのが好きかも。
読了日:09月29日 著者:冬目 景
7人のシェイクスピア 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)7人のシェイクスピア 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
ほぼチャイナタウンだった1巻を受け、一気に話が動く2巻。でもまだ全容は見えない。登場キャラの挙止動作を演劇のように丁寧に見せてるのが印象的。
読了日:09月30日 著者:ハロルド 作石

読書メーター


posted by × at 21:36| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュタゲのコミカライズ、鈴羽メインなら読んでみようかな。ようやくまたやり始めてフェイリスEDまで見たけど、今のところ鈴羽がお気に入りだし。。。
Posted by 真田真 at 2010年11月05日 18:38
絵は若干アレなところもありますが今のところ
オススメできると思います。
鈴羽ルートは序盤までのEDでは一番いいですよね。
Posted by × at 2010年11月07日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

超うめーww
Excerpt: 狙い目は不倫女だぞ!! 昨日もパイ乙揉んで熟まんパコパコしたら7マンくれたしwwwww
Weblog: FUL
Tracked: 2010-11-08 02:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。